2019年02月11日

記事追加「弦のレビューにトマスティック アルファユー追加」

サイトに記事追加しました。「弦のレビューにトマスティック アルファユー追加」です。Amazonや楽天のレビューに低評価もありますが、悪くない弦と思います。また、あまり上質でない楽器に張ってこそ力を発揮するように思えます。
https://www.violinwakaru.com/artcl/50/50_00102.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 09:04| ヴァイオリン展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

記事追加「かつてよく知っていた曲を聴き直す:長いお休みからの復元4」

サイトに記事追加しました。「かつてよく知っていた曲を聴き直す:長いお休みからの復元4」です。子供の頃に聴かされた「つまらないヴァイオリンの音楽」も名演奏家の手によれば美しく感動的なものになります。改めて名演奏家による演奏で聴きなおすことでヴァイオリンに対する過去の思いの清算になるかもしれません。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00704.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 22:55| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月23日

記事追加「再度弾きはじめる:長いお休みからの復元3」

サイトに記事追加しました。「再度弾きはじめる:長いお休みからの復元3」です。長い休みを経てもう一度ヴァイオリンを弾き始めることは長い間眠っていた記憶を思い出すことです。それはヴァイオリンのことだけではなく、自分が自分であることを確認することでもあります。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00703.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 21:57| ヴァイオリン展示会情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月30日

記事追加「楽器と思い出の復元:長いお休みからの復元2」

サイトに記事追加しました。「楽器と思い出の復元:長いお休みからの復元2」です。まずは楽器を弾けるように整備する必要がありますが、それは当時の思い出を復元することでもあります。買い直すことは簡単ですが、可能な限りかつて使っていた自分だけの思い出のこもった楽器を復元することが望ましいと思います。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00702.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 09:43| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

記事追加「長いお休みからの復元」

サイトに記事追加しました。「長いお休みからの復元」です。子供の頃にヴァイオリンを習っていたけれども、途中で止めてしまうことも多いかと思います。様々な感情との和解が出来ているのであれば、ヴァイオリンのスキルを復元するのは自分を取り戻すことになると思います。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00701.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 11:40| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

記事追加「教える側へのハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル5」

サイトに記事追加しました。「教える側へのハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル5」です。教師の側が生徒からハラスメントを受けることもあります。教師、生徒ともに良い関係であるためには先生の提案を受け入れて実行し、生徒自身が自分でその正当性を考えるための材料にすることです。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00605.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 11:35| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

記事追加「金銭的なハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル4」

サイトに記事追加しました。「金銭的なハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル4」です。音楽の世界で指導側に対して大きなお金を支払わなければならない事は昔からの問題でしたが、情報技術の発達でメリット無い支払いになりつつあるように思えます。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00604.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 13:21| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月30日

記事追加「それぞれに合うカギは異なる:教える側のモラル、教わる側のモラル3」

サイトに記事追加しました。「それぞれに合うカギは異なる:教える側のモラル、教わる側のモラル3」です。「それぞれの方の特性に合った指導」は言葉としては理想的ですが、実際には体格差、性格の差、楽器の差など大変に複雑なことになります。ただ、少なくない違いを認めることがハラスメントを避けることにつながると思います。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00603.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 16:49| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

記事追加「人生全体へのハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル2」

サイトに記事追加しました。「人生全体へのハラスメント:教える側のモラル、教わる側のモラル2」です。教わる側の人生を奪ってしまうことが最大のハラスメントと考えます。社会生活を送るにはヴァイオリニストより前に常識的な人柄であることが現代では必須です。
https://www.violinwakaru.com/artcl/40/41_00602.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 22:28| ヴァイオリン界の人間関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月30日

記事追加「少し変わったケース〜買った・使ったヴァイオリンケース」

サイトに記事追加しました。「少し変わったケース〜買った・使ったヴァイオリンケース」です。今回はダブルケースや4本ケースなど少し変わったヴァイオリンケースをご紹介いたしました。普通の方にはあまり必要ないかもしれませんが、少し変わったご要望をお持ちの方にご参考になればと思います。
https://www.violinwakaru.com/artcl/30/32_00603.html

よろしければご覧下さい。
posted by カプリース at 13:50| ヴァイオリンを選ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする